ほたるの日常

半田病院のシステムがウイルス感染

訪問看護ステーションほたるは徳島県吉野川市山川町にあるアットホームなステーションです。

経験豊富なスタッフが、「利用者様の心に明かりを灯す」の理念のもと、

日々様々な利用者様にサービスを提供しています。

徳島県の気温も20℃以下の日が多くなり、すっかり冬を感じるようになりました。

そんな中、私たち事業所の近くにある町立半田病院の電子カルテがウイルス感染したという

ニュースが飛び込んできました。

つるぎ町立半田病院は31日、電子カルテシステムが身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」に感染したと発表した。感染したのはシステムのメインサーバーで、患者約8万5千人分の個人記録が保存されている。個人記録の流出の有無は不明。サーバーへのアクセスができないため、11月1日から新規診療などの受け入れを当面停止する。

31日午前0時半頃、英語で書かれた文章が自動でプリンターから、出力されたのを看護師が見つけ、感染が発覚した。システム担当の職員や電子カルテシステムのメーカーに連絡したが、対応できなかったため、午前8時55分頃、美馬署と県警本部に連絡して被害届を出した。

10.31徳島新聞電子版より

今日で10日経ちますが、いまだにメインサーバーの復旧の見通しはついていないようです。

患者さんの個人情報などの漏洩には、ステーションでも細心の注意を払っていますが、

システムをやられるとお手上げ状態です。

セキュリティ対策はしていますが、より強固なセキュリティが必要だと思う、事件でした。

事務長 清水健吾

訪問看護ステーションほたるは、

徳島県吉野川市・阿波市・美馬市・美馬郡つるぎ町に住む方の

ご自宅に訪問し看護ケアを致します。

緊急時は24時間体制で対応しています。

看護の事や自宅療養の事など、簡単な質問でも構いません。お気軽にご相談ください。

関連記事